これだけは押さえておきたい!ウッドデッキと塗装の関係

ウッドデッキは外に設置しているため塗装が劣化しやすいものです。マイホームに設置したウッドデッキを長く使い続けるには、定期的な塗装によるメンテナンスが重要になってきます。この記事では、ウッドデッキの塗装の目安やポイントなどを解説していきますので、参考にしていただけると幸いです。

1.ウッドデッキの塗装をする目安時期と劣化症状

ウッドデッキで使われている塗料には耐水性のあるものと耐候性(気候に対応できる性質※太陽光や紫外線、温度変化に耐性のあるもの)のあるものが使われています。そのためウッドデッキは長期的に使うことができるのです。

しかし、長期間何もせずに放置しておくと塗料がはがれ、太陽光や雨水による木材の腐食・カビの発生の原因になってしまいます。最悪の場合、木材の割れやそり返しが発生し、せっかくのウッドデッキがダメになってしまいます。ウッドデッキに使われているのは木材ですから、劣化を防ぐためには定期的な塗装が必要です。

ウッドデッキの塗装の目安は購入してから3年~5年周期で行うのが一般的です。ウッドデッキを使うご自宅の構造によって周期は変わってきます。例えば、屋根付きのウッドデッキと屋根のない雨ざらしのウッドデッキの場合、屋根付きのウッドデッキの方が劣化がしにくいですから、塗装周期は長くなります。反対に雨ざらしのウッドデッキは、常に気候や雨水による劣化が早く進みますから、塗装周期は短くなります。

一般的に3年~5年と解説しましたが、ご自宅の状況によっては2年周期での塗装をおすすめする場合もありますので、参考にしてみてください。

ウッドデッキの主な劣化症状は「色あせ」「目立つ汚れ」「塗膜のはがれ」の3つが代表的です。

1-1.木材の色あせ(変色)

定期的な塗装がされないことで、塗料が木材からはがれていき、太陽光や紫外線・温度変化による木材の変色が起こります。変色後も塗装をしないままにしていると、木材自体の劣化につながってしまうので塗装が必要です。

1-2.木材の目立つ汚れ

ウッドデッキの塗料が薄くなってくると、木材が雨水などを吸いはじめます。木材の水分吸収はカビの発生や黒ずみの原因になります。カビや黒ずみは見た目だけでなく、木材自体が痛んでしまいますので、早めの塗装を行いましょう。

1-3.塗膜のはがれ

塗膜とは、塗料の膜のことです。塗装をしてから長期間経つと徐々に塗料が木材からはがれ始めます。塗料がはがれはじめたら、塗装の目安ですから再塗装をしていきましょう。塗装の際は、塗膜を全て取り除いてから塗るようにします。

2.ウッドデッキを塗装するための準備と道具をご紹介

ウッドデッキの塗装に必要な道具を紹介していきましょう。

準備するもの使い方など
1.塗料塗料の種類●浸透型塗料●造膜型塗料●油性塗料●水性塗料などがあります。下塗り・上塗りを行う際に使う
2.ハケ※ハケの画像をお願いいたしますウッドデッキの細かい部分を塗る際に使う
3.コテバケ※コテバケの画像をお願いいたしますウッドデッキの広い面を塗る際に使う
4.ベンダーバケ※ベンダーバケの画像をお願いいたしますウッドデッキの木材同士の側面を塗る際に使う
5.塗料バケツ※塗料バケツの画像をお願いいたします塗料を必要な分だけ入れる際に使う
6.マスキングテープ※マスキングテープの画像をお願いいたしますウッドデッキの補正をする際に使う
7.マスカーテープとハサミ※マスカーテープの画像をお願いいたしますウッドデッキの広い面で補正をする際に使う
8.ブルーシート※ブルーシートの画像をお願いいたします塗料をおいたり、塗料が下に垂れないようにする際に使う
9.サンドペーパー※サンドペーパーの画像をお願いいたします木材の表面を削って塗料が馴染みやすいようにする際に使う
10.皮すき※皮すきの画像をお願いいたします塗料缶を開ける際に使う
11.軍手※軍手の画像をお願いいたします塗装時などに手を守る際に使う
12.雑巾※雑巾の画像をお願いいたします掃除などの際に使う

ウッドデッキを塗装する際には、事前に使う道具を揃えておきましょう。全て揃えると2万円~3万円程で揃えることができます。

3.ウッドデッキの塗装に使う塗料選びのコツ

ウッドデッキを長く使っていくためには、塗料選びが重要になってきます。専門の業者へ頼むのもありですが、高いコストがかかるため、自分でDIYができるようになった方が良いです。では、ウッドデッキの塗装に使う塗料選びのコツを解説していきましょう。

3-1.ウッドデッキには「屋外木部用」の塗料を選ぶ

ウッドデッキの塗料選びのポイントですが、塗料は「屋外木部用」を選びましょう。ウッドデッキを長く使うためには、必ず「屋外木部用」を選んでください。塗料には屋内のみで使うものと、屋外で使うものに分かれています。

屋内用と屋外用を間違えて使ってしまった場合、塗料の効果が発揮されません。更には、屋内用を屋外で使ってしまうと塗料が温度変化や気候の影響を受けてはがれにくくなってしまいますので注意が必要です。

3-2.塗料は油性と水性がある

塗料には水性タイプと油性タイプがあります。どちらを選んでも問題ありませんが、ウッドデッキを購入した時の塗料が油性であれば、再塗装の際も油性を使う、水性を使っていた場合は再塗装も水性を使うのが良いでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?マイホームに設置したウッドデッキですが、長年使うためには塗装によるメンテナンスが必要なことがお分かり頂けたと思います。3~5年の周期で購入時と同じタイプの塗料をしっかりと塗装していくことで、ウッドデッキの木材を保護し、雨風や気候の変化といったものからの劣化を防ぐことができます。

ぜひこの記事を参考にウッドデッキのメンテナンスをしてみて下さい。

記事一覧へ戻る